ホームページ制作において、HTMLコーディングは、webデザインと異なり、ユーザーはあまり見ることがない部分です。しかし、正しいHTMLコーディングでホームページを制作していると以下のようなメリットがあります。

■W3C準拠のHTMLコーディングをすることでソースがシンプルになり、ホームページの表示が速くなる。

■W3C準拠のHTMLコーディングをすることでソースかシンプルになり、キーワードの割合が増え、
   SEO対策に非常に効果的である。

■アクセシビリティに配慮してコーディングすれば、音声ブラウザで正しく読み上げることができる。

■CSSを正しく記述しておけば更新やソース管理がしやすくなる。

ホームページ制作において、HTMLコーディングは必要不可欠な作業です。
ホームページ制作会社に委託している方、ご自身でホームページ制作をしている方、この機会に正しいソースか確認してはいかがでしょうか。なお、1ページあたりの単価は一般的なコーディング料金と変わりありません。

■コーディング料金表は以下の通りです。

  概算料金 コメント
Webページ 8,000円/P 一般のホームページ向けです。
Webページ(W3C準拠) 12,000円/P 官公庁や特にWeb標準にこだわったホームページ向けです。
テンプレート 5,000円/P 共通デザインの簡単なページです。
  • ホームページの規模(総ページ数)によってボリュームディスカウントいたします。
  • 難易度によってコーディング料金が変わる場合があります。
  • WebページはおよそA4サイズを1ページとして数えます。
  • 推奨ブラウザは、windows:IE7および6,Firefox,Opera,Safari、macintosh:Firefox,Safarです。
フィーコデザインへのお問い合わせはこちら
 

アクセス集計と解析SEO対策・日々の更新作業サーバー保守管理
ホームページ公開後の運用コストの削減方法などアドバイスさせていただきます。

フィーコデザイン 
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-549