WEBアクセシビリティとは?

アクセシビリティとは、一定の利用者だけでなく、幅広い層にも利用可能かを示すものです。特に高齢者やハンディキャップを持つ人でも、ホームページ上で情報収集できることが最低限必要です。

視力の低下した人には、文字サイズを大きく表示すべきです。今は、スタイルシートで文字サイズを固定にしたホームページが目立ちますが、アクセシビリティを考えると、文字サイズの変更については、ブラウザの機能を活かすか、新たな切り替えボタンを設置し、自由に文字サイズの変更ができなくてはなりません。色の識別がしにくい人には、配色に気をつけないければいけません。配色によっては、文字色と背景色が同色に見えて文字が読めないこともあります。マウスやキーボードの使用が困難な人は、読み上げソフトで音声として耳から情報収集しなくてはいけません。その為に、重要事項を画像で作成する場合には、ALTを必ず記述し、さらに、読み上げる順番を考えて構成していく必要があります。

幾つか例を挙げましたが、その他にもアクセシビリティに優れたホームページ制作には、いくつもの手法や制限があります。flashコンテンツなどを除けば、クリエイティブなホームページとアクセシビリティとは共存できるものだと考えています。

 

クリエイティブなホームページでもアクセシビリティを考えたものに。

フィーコデザインは、2009年の「さいたま市公式ホームページ」制作にあたり、アクセシビリティを配慮したデザイン、ホームページ制作を行いました。デザイン面では、スタイルシートによる文字サイズを固定せずに可変できるようにしています。HTMLコーディング面では、小さなモニタサイズでも表示できるように、左右の幅を常にブラウザの100%で表示にしています。また、音声ブラウザで正しく読み上げられるように、W3Cに準拠した構成でHTMLコーディングするなど、アクセシビリティに配慮したホームページ制作を行いました。さいたま市ホームページはこちら

アクセシビリティを配慮したホームページを必須としている企業・組織は数少なくとも、多くの企業はアクセシビリティへの理解はしているはずです。アクセシビリティについての詳しい内容は東京・埼玉のホームページ制作会社フィーコデザインまでお気軽にご相談ください。

 
 

アクセス集計と解析SEO対策・日々の更新作業サーバー保守管理
ホームページ公開後の運用コストの削減方法などアドバイスさせていただきます。

フィーコデザイン 
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-549